ストレスチェック!最短7ステップ!

知識ゼロでも実行できる!というよりは、むしろあなたが知識ゼロ状態の方がスムーズに進む最短7ステップ法です。


もしあなたがこれまでに何かしらのストレスチェックの情報をかじっているのなら、一旦それらを忘れてください。

あれこれ考えてしまうと「付録」が付き過ぎて、それがあなたの実行力を減退させるトラップとなるからです。

 


さぁ!頭を空っぽにして、下の表の左の空欄に、あなたのストレスチェックのスケジュールを書き込んでください。

黄色の欄の日付はそれぞれの一例を示しています。
タイムリミットも近いことですし、できれば黄色の欄の日付より遅くならないべきです。
ピンク色の欄は、ストレスチェック実施に関してあなたがやるべきことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産業医と連携する必殺技

 

あなたは、

産業医に面談を断られた

本社は産業医がいるけれど支店や支社にはいない

産業医に面談をお願いしたところで話が止まっている

の中で一つでも該当することがありますか?


あなた一人に限らず、今回のストレスチェックを実施する上で、担当者の最大のネックは産業医面談です。

面談は「医学的知見を持つ産業医が行うべき」、と定められています。

 

 

しかしあなたの現場はどうでしょう?

あなたの会社がご契約している産業医の多くは内科や外科がご専門のお医者さんではありませんか?

ということは、つまり、あなたの会社が契約している産業医の先生方は、精神科疾患やストレス関連についてはご専門外である、ということです。

 


そこで、あなたにぜひそんな先生方のことをご理解いただきたいのですが、お医者さんはその職業性と専門性の高さから、いい加減なことや適当な対応は絶対に避けたい、という信念をお持ちです。


そうなると専門外のストレスチェック面談なんてできません、とおっしゃるのはもっともなご意見だと思いませんか?


ところが企業の事情を考えると「はいそうですね。」とはいきません。

 

仮の話をしますが、あなたの会社が産業医との契約をしていて、訪問日は毎月第3木曜日の午後で、しかも時間は2時間だとします。


月に1回、産業医があなたの会社を訪問してくれて、2時間滞在して、仮にその契約金が10万円だっとします。


ストレスチェック面談ができないからと言って、今、毎月10万円でお願いしている産業医の先生との契約を解消するのはできないですよね。

だって、産業医の仕事はストレスチェック面談だけじゃありません。
健康診断の結果を見て、指導をしていただいたり、心の問題で職場を休職した人の復職面談もしてもらわないといけません。


ということは、この先生の他にストレスチェック義務化に伴って、ストレスチェック面談をしてくれる産業医さんを探さなくてはなりません。。。。


しかし、現実はどうでしょう?


ストレスチェックが義務化されたからと言って、ストレスチェックだけのためにあなたの会社は専門の産業医に契約してくれますか?


今の先生が毎月10万円。
ストレスチェック面談の先生も仮に同じ10万円だったとして。。。


合わせて20万円です。

それも毎月来ていただくのか?スポット的なのか?
スポット的で果たして来てくれるのか???


ストレスチェック面談が実現しない不安ばかりが募ります。


おそらくあなたの不安どおり、あなたの会社はよほどの事情がない限り、ストレスチェック面談だけのために、コストをかけることを渋るはずです。

 


と、言うことは、何とか今、契約している産業医の先生に面談をしていただかなくてはならない!

しかし、断られているし、有効な手立てもない!!!

 

これがあながた向き合っている現実ではないでしょうか。


困りましたね。


でも安心してください。
そんな時の必殺技をお教えします。


とても簡単です。


あなたはA3用紙を一枚用意していただくだけです。
あとはボールペン一本で充分。

これだけの準備であなたは産業医面談を実行に移す必殺技を繰り出せます。

 


<必殺!産業医面談攻略術!>

1)産業医面談で使用する「産業医向け」の職場環境情報提供書と本人の意見書を作成する。

2)産業医面談を受ける「社員向け」に職場環境改善のための情報提供と協力をお願いする。


1)と2)を合体させた書類をA3一枚の紙に作成する。


以上です!!!


すごい必殺技でしょう?

え?全然分からない???

 


ではもっと詳しく説明します。


その前にちょっと想像してみてください。


たとえ産業医の先生の専門が精神科疾患でも、職場環境や状況、患者さんのことを全く何も知らない状態で「ハイ、面談してください」と言われても困ると思いませんか?


しかも企業に常駐していれば職場のことや雰囲気が分かるので何とかなるかもしれませんが、月に一度の訪問程度ではなかなか職場のことを知ることができません。

あなたがもし産業医の立場だったら、「無理だ」と思うでしょう。


当たり前の話です。


これを大前提に1)と2)を合わせた書類をあらかじめ作っておいて、産業医さんの負担を減らす!!

すると産業医さんも「これなら診れるかな」と思える!


こういう流れなんです。

 


書類の作り方をもっと具体的に説明しますね!

とてもシンプルで簡単です!


A3用紙を一枚、用意してください。


それを4つに折ってください。

開くと、1枚の用紙に十の字に線が入り、4カ所のエリアに分かれましたね!


各エリアに以下の①~④を書き込むだけです。
配置はどこでも構いません。

あなたの主観で、「見やすい!」と思う配置で結構です。

 


①4カ所のうち一カ所には本人の意見書(今の状態、仕事への希望等)を書いてもらいます。
→これが2)の「社員向け」の協力依頼の箇所です。

 

②そして、もう一カ所には職場の状況と対応可能な措置(今は繁忙期だが2週間後に対応可能。時間外労働と遠方への出張を見合わせる対応ができる、等)を書きます。
→これが2)の職場環境の情報提供に当たります。

 

③そしてもう一カ所には、社内カウンセラー(人事担当者も可)のアセスメントを書いておきます。
アセスメントとは、あまり難しく考えないでくださいね。
①と②を加味して、会社として「こういう対応を考えています。」という感じでOKです。

 

④最後に残った一カ所に、①②③を踏まえて産業医さんに承認していただきたい事柄を箇条書きで記載して、それに対するご意見を産業医さんに簡単に書いていただきましょう。

これで完了です!

この手法は別に斬新なアイディアでも何でもありません。

 

実は、①②③の部分は実は、「情報提供書」と言います。
医療機関ではよく見る書類です。


あなたにとって「情報提供書」というものが「馴染みがない」だけで、使われているところでは毎日のように書かれています。

 

この書類の存在を知っていること、また使い方を工夫できることで、あっという間にあなたが抱えている産業医面談の問題が解決しますよ!


「情報提供書」なので、それを見た産業医の先生方も「あ、ハイハイ、情報提供書ね」と認識してくださるのです。

 

たったそれだけ?


はい、それだけです。

 

でも、目からウロコでしょう?
あなたにこの方法を発見してもらえてよかったです!!!


ぜひ、作ってみてくださいね。


誰でもできます。

 

で、この書類を作る際に一つだけ、、、大変恐縮ですが私にアドバイスをさせてください。


産業医面談を希望された社員の方から、必ず「情報提供についての同意書」をいただいてください。

対象の社員に対して「あなたのストレスを改善させるために必要な情報を提供してもらいたいこと、情報収集に協力してもらいたいこと、あなたのプライバシーに配慮すること」を書いた書類を作って、それにサインしてもらってくださいね。


もちろん、これがないと絶対ダメ!!というわけではありませんが、後々のトラブルを回避するためにも、同意書にサインしていただくことはとても大切だと思っています。


後々のトラブルとは、、、

ちょっとした行き違いで、面談希望をされた社員の方から、

「ストレスチェック面談で情報を勝手に漏えいされた!」

「ストレスチェック面談で勝手に処遇が決められて、不当な扱いを受けた!」


と、訴えられる可能性もあるからです。


そんなことが裁判になって多額の賠償金、、、、なんてことになったり「ブラック企業」なんて噂が世間に出回ったりしても困ります。


ぜひ、社員の方からご同意をいただき、「不当な処遇」という印象にならないようにご注意ください。

 


​いかがでしょうか?
あなたの産業医面談に関する心のハードルは下がりましたか?

 

 

産業医面談だからと言って、1から10まで全て産業医にやってもらおうとすると断られてしまいます。


でも、あなたが情報提供書をまとめておくだけで面談がスムーズに進むのです。


あなたはその書類を自分で作っていいのです!!


メンタルに関する資格がなくたって大丈夫!


ストレスで困っている社員を助けるため、職場環境を整えるため、産業医の負担を減らすため!
そのための書類です。


あなた自身に「書類を作っても良いのだ!」と許可をしてあげてください!

情報提供書をつくる自信がない

 

産業医面談を攻略する必殺技は分かったものの、、、


 自分で作る自信がない

 自分はメンタルの資格もないのに勝手に作っていいものか?

 ひな型がどこかにないか?


と思われた方もいらっしゃると思います。

そうですね、確かに「書類、つくっていいよ!」と言われても、、、(汗)

作ればいいのは分かるけれど、的外れな書類を作って上司に怒られたくない、、、


そんな気持ちもあるかもしれませんね。


私(赤塚由見子)は元医療従事者なので、情報提供書をどう作るか?
それを簡単に考えることができます。


しかし、あなたは「紹介状」とか「情報提供書」と言われると、よく病院でドクターが書いている複写式でB5サイズのアレを想像してしまいませんか?

 

確かにアレは紹介状です。


しかし、ストレスチェックの産業医面談で使うものは複写式じゃなくても大丈夫です。

書類の保管で複写が必要ならコピーしてください。


あなたが作る情報提供書は医療機関が発行するものと同等にする必要はありません。


心のハードルを下げてくださいね。


あなたが作る情報提供書は、「職場環境の地図」だと思ってください。


地図には、ストレスで迷っている人(社員)がいます。

地図に示させる道は、ストレスの迷宮から脱出する順路(選択肢)です。


③のアセスメントは、その地図を上から俯瞰(ふかん)した感想です。


最後にゴールの旗のところに産業医さんの意見を書いてもらうのです。


この「地図づくり」があなたの仕事です。

 

どうですか?
何となく、イメージが湧いてきましたか?


「情報提供書」=「職場環境の地図」!

そう考えて書くと、きっと簡単にできるはずです!

 

たったの7ステップでストレスチェックは完遂します!

そして、勘の良いあなたなら、この「やること一覧表」を見ただけで、あとは一人でもストレスチェックを完遂できてしまうことでしょう!
そう思うことができれば、もうあなたはこれ以上、この文章を読む必要はありません!
すぐにストレスチェック実施に向けて行動しましょう!
ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

 

いやいやちょっと待て!!!

表の中の「※①~⑪」までは一体何なんだ???

と、気になったあなたにご説明申し上げます。

 

 

※①~⑪の書類こそ、私あなたにが紹介したいストレスチェック「 お手軽キット」です。


平たく言うと、ストレスチェックの実施から結果集計→報告に至るまで、一連の作業に必要な書類や案内文書や提案書が全て揃った「ひな型全集」です。


上記の7ステップに照らし合わせて、①~⑪の書類を使っていただくだけで、ストレスチェックができてしまいます。

簡単でしょう?


ただし、このひな型全集でカバーできるのは、あなたがするべき作業の8割程度です。

残りの2割はあなたの仕事です。


どんな仕事?

それは、日付や社名を入れたり、集計したストレスチェックを保管したり、産業医面談に必要な準備をひな型に沿ってやってもらったり、、、、

特に産業医面談で使う⑦の書類は、場合によってはあなたの会社用に項目を差し替えてカスタマイズする必要があるかもしれません。
(夜勤が有る無しとか、出張が有る無しとか、高圧機器での作業が有る無しとか、職場環境とか、、)

そんな感じです。

 


ひな型集は、以下にまとめました。
あなたはどうして11種類もの書類が必要なのか?まだイメージできないかもしれませんが、最低でもこれくらいは会社として記録を残す必要があるのです。


ストレスチェックについて何の知識もなく、これらの書類を作るのは難しいでしょう。

しかし、このひな型集を使っていただけば、あなたはこれらの書類に日付や担当者名などを入れたものを印刷して、1冊のファイルに綴じていただくだけです。

 

 

<必要な社内文書>

1.ストレスチェック事前会議で話し合うべき必要事項及び議事録
2.社員に向けて企業トップ(社長)からメンタルヘルス意義とストレスチェックの趣旨についての表明文書
3.ストレスチェック実施(web上or紙面上)と結果の回収の方法
4.ストレスチェック結果の取り扱いとプライバシーについての案内文書
5.ストレスチェックに参加しなくてもよい人(要件)の説明文書
6.産業医面談申込みの案内文書
7.産業医面談で使用する「産業医向け」の職場環境情報提供書と本人の意見書
8.産業医面談を受ける「社員向け」に職場環境改善のための情報提供と協力の依頼書
9.社員全員へストレスチェック結果集計を職場環境改善につなげるための結果提供と協力依頼の文書
10.社員全員へストレスチェック結果集計をしない(人数が少なく個人が特定されることを避ける)場合の定義を定めた案内文書
11.ストレスチェックの結果集計・報告書

 


これらは必ずあなたが日付や担当者名や会社用に少しだけカスタマイズを加えたものを印刷してファイルしてくださいね。


さぁ!簡単に思えてきましたか?!

いいですね!
見通しが立つとやる気も出るものです!!

Please reload

〒467-0066

愛知県名古屋市瑞穂区洲山町1-55-3内堀ビル1105号

050-1304-3052

  • Facebook Social Icon

 コミュニティ免疫力向上推進協会

http://www.tmp-tmp.com/

 

  • Facebook Social Icon